counter

今、推したい誰かがいる

好きなアイドルのことを書いてます。

乃木坂活字部/ななさつめ 「マリアビートル」


ダ・ヴィンチ x 高山一実 乃木坂ブックアワード 投稿者 kazuminmovie

f:id:shuwashuwapon:20160402153558j:plain

伊坂幸太郎「マリアビートル」読了
読書時間:600分程


殺し屋シリーズ読破。
今回は生田絵梨花ご推薦のマリアビートルを読みました
580ページ程、こんな長い小説は初めてかも

あらすじ

幼い息子の仇討ちを企てる、酒びたりの元殺し屋「木村」。優等生面の裏に悪魔のような心を隠し持つ中学生「王子」。闇社会の大物から密命を受けた、腕利き二人組「蜜柑」と「檸檬」。とにかく運が悪く、気弱な殺し屋「天道虫」。疾走する東北新幹線の車内で、狙う者と狙われる者が交錯する――。小説は、ついにここまでやってきた。映画やマンガ、あらゆるジャンルのエンターテイメントを追い抜く、娯楽小説の到達点!

かずみん配役

→真莉亜
少し、真莉亜をかずみんで妄想してたかな

f:id:shuwashuwapon:20160402174407j:plain
寝るのが仕事ですw


f:id:shuwashuwapon:20160402154054j:plain

読んだ後改めて見ると爆笑してしまうw
生田画伯のPOP…というかスケッチブック
なんで新幹線が笑っているのか…これポイントでしたねw
檸檬・蜜柑、王子・木村、天道虫、アイツら、狼…?もしくはまさかの蛇w?


娯楽として最高に楽しい小説だった。


こんな「読んでいて楽しい」小説は初めてかも
5人の登場人物がザッピングして物語が進んでいくが
多人数視点の物語をきっちりと文章で構成出来るのが凄いわ

前作より増したスピード感や、走行中の新幹線という密室での緊迫感
個性豊かな殺し屋たちがコミカルに、スリリングに一つのトランクを奪い合います。
前作の「鯨」の様な特殊能力者は居らず、みんな生粋の殺し屋たちです
前作の出来事やキャラクターも物語に絡んでおり
前作ファンを楽しませる要素もあります。

ただ、結末が「ご想像にお任せします」展開なので
大きなカタルシスを得られなかった、しっかり書いて欲しかったな
全然スカッとしなかった、タイトルの「マリアビートル」だけあって
終盤になるに連れ真莉亜と天道虫コンビにフォーカスがあたっていく
もう少し終盤の出来事をザッピングして欲しかった
あとは盛岡へ亡くなった婚約者の両親に会いに行ったあの人が
その後どうなったのか?知りたかった。

個性豊かな殺し屋たち

僕の個人的な意見を言うけれど←
この物語はどんでん返しとかそういうミステリー系ではなく
キャラクターの造形や言動を楽しむのが醍醐味だと思います
その辺ライトノベルな感じがします

王子慧

この物語における重要人物
下衆の極みです、中学生の外見とは裏腹に悪魔
ただ天道虫とは真逆のラッキーな人です
くさい、くさすぎるんだよ。

ルワンダ大虐殺の書籍を例に自分が優位に立ち
人をコントロールさせる方法を解説しているのですが
その話を聴くと伊藤計劃の「虐殺器官」に登場する
ジョン・ポールと同じようなことをしてるんだなと思いました
ジョン・ポールは元言語学者で巧みな話術で権力者に
戦争を引き起こさせるように仕向ける虐殺のコーディネーター
そんなポールのように学校内の生徒の感情をコントロールして
学級崩壊を楽しんでる少年は殺し屋達もコントロールしていきます。


彼がどのように惨たらしく死んでいくことで
最高のカタルシスを得ることが出来るはずだったのですが…
一番の消化不良。


http://tokusatu-hero.com/wp-content/uploads/2014/08/09412c5e-s.jpg
このキャラクターを高杉真宙くんで妄想してました
黒ミッチをイメージしてました。

蜜柑・檸檬

2人組の業界内でも名のある殺し屋
新幹線に乗る前に13人殺してます…怖い。

蜜柑は「文学好き」なんですが
檸檬が「某幼児向け番組が大好き」という異彩なキャラクター
ことあるごとに番組で喩え話が始まります。
この檸檬がいるおかげでこの小説が大変コミカルになってます
今回、マリアビートルで一番好きなキャラです

最後の最後で笑いましたw

f:id:shuwashuwapon:20160402165706j:plain
蜜柑はあまり妄想してなかったですけど
檸檬はずっとムロツヨシさんで想像してました
ぴったりだと思うんだけどなぁw


天道虫

真莉亜の仲介より新幹線に乗っている殺し屋
王子とは真逆、追手内洋一くんと同じレベルの
アンラッキーマンです、ギャグ漫画の様な運の悪さ
彼の行動もコミカルに描かれています、物語の癒やし担当
新幹線内に何者かが持っている「黒いトランク」を奪うのが目的
なんだけど、彼の行動には必ず不幸が訪れます。

脇役の様で実は主人公ポジション。

総括

ネタバレを控えずぎて逆に語れなくなったパターンですね。
これはグラスホッパーとともに是非とも読んで欲しい作品です
もちろん伊坂幸太郎なので好き嫌いあると思います。

ラジオドラマ

www.youtube.com
おぉいいなラジオドラマ!
オーディオブック化とかしないかね?

映画「グラスホッパー

4/1よりレンタル開始された「グラスホッパー」を見ました。
山田涼介くんのカッコよさを堪能するPVになっておりますw

やっぱり根こそぎストーリーが改変されていて
原作の持ち味が全然活かされてないと思いました
やっぱ2時間でスタイリッシュにまとめるとあんな感じになるのね
大事な砂糖入れ忘れた、味の無いパンケーキ食ってる感じ。
俳優陣の演技は凄く良かったと思います

次回予告


乃木坂46 ダ・ヴィンチ x 高山一実 乃木坂ブック... 投稿者 kazuminmovie

次は乃木坂ブックアワードでまいまいが紹介した
赤川次郎「マリオネットの罠」を読みます
久々の本格ミステリ
ダ・ヴィンチ4月号でかずみんが紹介した
羽田圭介さんの「黒冷水」も買ったので読まないと。